参考文献・書籍

How to Climb 5.12, 3rd (How To Climb Series), Eric J. Horst, 2011
タイトルには5.12とありますが、目標が5.10でも5.14でも通じる普遍的なトレーニング方法が書かれています。タイトル通りロープクライミング向けです。

9 out of 10 climbers make the same mistakes, Dave MacLeod, 2009
クライマーの陥りやすい間違った習慣や考え方を指摘し、どうすれば改善できるのかを著者が語りながら提案するという、読みやすい本です。基本的にはロープクライミング向けに書かれており、他の書物に比べると特にトラッドに関してよく書かれてあります。

The Self-Coached Climber, Dan Hague and Douglas Hunter, 2005
副題は"the guide to movement training performance"。DVD付き。

Performance Rock Climbing, Dale Goddard and Udo Neumann, 1993
クライミング・トレーニングについての古典的な名著。体系だった章立てで、基本的にはロープクライミング向けに書かれています。90年代の出版で、当時のスポーツ科学の知見に則った内容で、幾分古さを感じますがここで提唱された原理・原則は今も変わらずに当てはまります。英書で問題無い方はより最新の他の本を読むことをおすすめします(ことさらこの本を読む必要はありません)が、日本語訳が必要な方は邦訳「パフォーマンス・ロック・クライミング」が出ていますので詳しく学べると思います(ただしAmazonで見ると中古のみの取り扱いになっているようです)。

更新日: